VSインターネット

今ではインターネットで色んな法律情報が検索できるようになりました。ネット上で法律相談をして他人の知恵を借りることすらできます。確かにインターネットによる恩恵は大きいです。今までは弁護士が独占していた知識がすぐに見つかります。しかし、デメリットも大きいのです。

法律の判断には含むか含まないかの判定が必ずあります。自分のケースが、インターネットに載っている事例と同じなのかどうかということです。これが法律を勉強していない人間にはできないのです。弁護士は、長い時間かけてこの含むか含まないかの勉強をしているのです。

ネット上の情報を勝手に解釈して諦めたり泣き寝入りしたり自分に不利益な判断をしてしまうケースが多々あります。また、ネット上の情報を信じて適切でない行動を取ってしまうことも多いです。そもそも嘘の情報かも知れませんし、古い情報かも知れません。そして、ネット上では、法律相談をしてその回答を得ることができますが、その回答者の素性は、全く分かりません。

法律事務所の行う弁護士の無料法律相談であれば素性は明らかであるし、弁護士は法律問題の専門家です。ネット上の情報とは正確性が格段に違いますし、何より情報を的確に具体的ケースに適用できるのです。法律事務所の無料法律相談サービスは、何もインターネットを検索できないお年寄りのためにあるだけではないのです。