債務整理を相談する

債務整理って聞いたことありますか。正直ネガティブな言葉です。人生の中でできれば債務整理を検討する場面に出会いたくないです。債務整理とは、借金やローンといった債務を減額あるいは免除してもらうための手続を言います。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあります。弁護士に債務整理の相談に行ったらこの4つの手続から解決策を生み出します。

任意整理とは特定の相手に借金の減額、猶予を求める手続です。特定調停では、裁判所で特定の金融業者との調停を行い、借金の見直しをお願いします。個人再生は、全債権者を相手に裁判所主導で借金返済の計画を立てます。借金額は大幅に減ります。自己破産では、自己の財産を清算して借金を免除してもらいます。

この4つの手続は弁護士に頼まなくてもできます。自己破産は自分でしている人もいますし、自己破産を自分でするための指南のサイトもあります。しかし、自分でするのはまったくもってお勧めできません。それぞれの手続に固有のメリットデメリットがあります。どの手続を選ぶのかの判断も難しいのです。自分で勝手に自己破産を選んで手続ができたとしても後々思わぬデメリットに後悔するかもしれません。気軽に選ぶ選択肢とはいえないのです。自分で手続を実行するとしても法律事務所へ行って弁護士の無料相談サービスを利用して、どの手続を選べばよいかだけでもアドバイスを貰うべきであるといえます。