債務整理を相談する

債務整理って聞いたことありますか。正直ネガティブな言葉です。人生の中でできれば債務整理を検討する場面に出会いたくないです。債務整理とは、借金やローンといった債務を減額あるいは免除してもらうための手続を言います。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあります。弁護士に債務整理の相談に行ったらこの4つの手続から解決策を生み出します。

任意整理とは特定の相手に借金の減額、猶予を求める手続です。特定調停では、裁判所で特定の金融業者との調停を行い、借金の見直しをお願いします。個人再生は、全債権者を相手に裁判所主導で借金返済の計画を立てます。借金額は大幅に減ります。自己破産では、自己の財産を清算して借金を免除してもらいます。

この4つの手続は弁護士に頼まなくてもできます。自己破産は自分でしている人もいますし、自己破産を自分でするための指南のサイトもあります。しかし、自分でするのはまったくもってお勧めできません。それぞれの手続に固有のメリットデメリットがあります。どの手続を選ぶのかの判断も難しいのです。自分で勝手に自己破産を選んで手続ができたとしても後々思わぬデメリットに後悔するかもしれません。気軽に選ぶ選択肢とはいえないのです。自分で手続を実行するとしても法律事務所へ行って弁護士の無料相談サービスを利用して、どの手続を選べばよいかだけでもアドバイスを貰うべきであるといえます。

まずは無料相談

法律事務所に無料相談するとしても誰に相談するのかという大きな問題があります。必ずその分野の専門家に相談する必要があります。市役所などが運営する無料法律相談の評判がよろしくないのは、相談相手がその分野の専門家かどうか分からないという点にあります。法テラスもそうです。弁護士はスーパーマンではありません。弁護士の業務範囲はとてつもなく大きく、それぞれの弁護士が自分の専門分野を決め、その分野を中心に業務をしています。離婚問題のエキスパートに債務整理の相談をしても適切な回答は得られません。ネットで法律事務所のHPを見れば何を専門にしているかがすぐに分かります。逆を言えば専門性がない法律事務所は怪しいといえます。

弁護士無料相談サービスといっても、メール、電話、直接の3点があります。本気で自身の問題を解決したいのであれば、法律事務所に直接足を運ぶことになります。普通の人々でも経験があると思いますが、メールや電話では埒が明かないのです。そもそもメールや電話で解決する問題は深刻な問題ではありません。メールや電話で済ませたい人の多くは、自分の問題が恥ずかしいという人でしょう。借金問題でも恥ずかしいから法律事務所に相談に行けなかったなんて人もいます。弁護士はある意味では医者と同じです。ときには自分の恥部をさらけ出さなくてはなりません。それを恥ずかしがってはいけません。病院に行くように法律事務所に行くのです。法律事務所に相談に行くときは病院に行くときと同じように電話予約が必要です。

参考ホームページ・・・アディーレ|弁護士へ無料相談予約

VSインターネット

今ではインターネットで色んな法律情報が検索できるようになりました。ネット上で法律相談をして他人の知恵を借りることすらできます。確かにインターネットによる恩恵は大きいです。今までは弁護士が独占していた知識がすぐに見つかります。しかし、デメリットも大きいのです。

法律の判断には含むか含まないかの判定が必ずあります。自分のケースが、インターネットに載っている事例と同じなのかどうかということです。これが法律を勉強していない人間にはできないのです。弁護士は、長い時間かけてこの含むか含まないかの勉強をしているのです。

ネット上の情報を勝手に解釈して諦めたり泣き寝入りしたり自分に不利益な判断をしてしまうケースが多々あります。また、ネット上の情報を信じて適切でない行動を取ってしまうことも多いです。そもそも嘘の情報かも知れませんし、古い情報かも知れません。そして、ネット上では、法律相談をしてその回答を得ることができますが、その回答者の素性は、全く分かりません。

法律事務所の行う弁護士の無料法律相談であれば素性は明らかであるし、弁護士は法律問題の専門家です。ネット上の情報とは正確性が格段に違いますし、何より情報を的確に具体的ケースに適用できるのです。法律事務所の無料法律相談サービスは、何もインターネットを検索できないお年寄りのためにあるだけではないのです。

法律事務所の中には?

法律事務所の中には誰がいるかご存知ですか。弁護士で間違いないです。では、法務事務所の中には誰がいますか。これも弁護士ですか。それは間違いです。法務事務所にいるのは、司法書士か行政書士です。弁護士は自身の事務所に法律事務所の文言をいれなければなりません。そして、司法書士や行政書士は事務所の名前に法律事務所の文言を入れてはいけないのです。

昨今、インターネットで法律問題を検索したら色んなホームページが出てきて、どれを読めばよいか困惑してしまいます。弁護士に相談したければ、検索ワードに法律事務所か弁護士を加えましょう。

なぜ司法書士や行政書士じゃなくて弁護士を選ぶのでしょう。まずは、能力の問題です。弁護士になるための司法試験。これは日本の最難関の資格試験の一つです。司法試験を受けるまでに弁護士の卵は、法科大学院に2年または3年通い、司法試験に合格したあとも1年間司法修習所で研修を受けます。裁判を傍聴すると司法研修生が端のほうで裁判を聞いている風景をよく見ます。弁護士とは優秀な人材がそれほどの長い期間の研鑽を経てはじめてなれるものなのです。

他方、司法書士はどうでしょうか。司法書士試験も難関の一つに数えられています。しかし、受験資格はなく、筆記・口述試験の年に一回の勝負です。合格後も日本司法書士会連合会が行う研修は7日間であり、各県の司法書士会が行う研修は6週間を超えるくらいです。弁護士と比べて大分短いのが分かります。行政書士はさらに短く筆記試験のみで研修も1日だけです。

無料相談するのであれば、法律事務所にいる弁護士が一番いいといえるでしょう。